ヒータのこだわり

一品入魂に込める想い

3つの製造に対するこだわり

オーダーメイド製品のクオリティの高さを実現

オーダメイド製品とは名前の通り、専用に設計して製作するものです。
そのため、温度は?形状は?環境は?・・・ご要望を詳しく伺って仕様を決める必要があります。
お客様だけのために作る製品だからこそ、喜んで頂けるクオリティを持って生まれてくるのです。

自社に検査設備を完備

大型真空ホットプレス、レーザー加工機、高精度温度均一性評価装置、走査型電子顕微鏡、X線撮像装置、三次元座標測定機から、はてはクラス100/1000クリーンルームまで。
新しいもの作りにいろいろと挑戦し続けていたら、生産設備が大変充実してきました。

ぜひ一度当社の工場見学においで下さい。

お客様の欲しいヒータを一緒に考えましょう。

大型真空ホットプレス   レーザー加工機   三次元座標測定機
X線撮像装置   走査型電子顕微鏡   クラス1000
クラス100   簡易的クリーンルーム   自動溶接装置

提案力

半導体、FPD、太陽電池、光通信、燃料電池、分析機、鉄道、etc。

私たちの製品は様々な業界でお使い頂いており、そのほとんどが提案型の製品です。

経験豊富なスタッフが、使用環境、条件に応じた最適なご提案となるよう、一生懸命に検討します。


ヒータ製品

3つの製造に対する想い

ヒータ製品

3つのものづくりへの決意

熱に関するトータルソリューション(を提供したい)

自動車の基本が走る、曲がる、止まると言われるように、ヒータの基本は、加熱する (ヒーティング)、測る(センシング)、制御する(コントロール)です。

どれか一つが欠けてもヒータを上手に使うこと、良い加熱システムを作ることはできません。

私たちは、これら3つの全てにおいて最適な、言わば「熱に関するトータルソリューション」を 提供できる企業(あるいは集団)でありたいと考えています。

(そのために)挑戦する(し続ける)ヒータメーカ(でありたい)

(工業用)ヒータと聞いてどのようなイメージを持たれるでしょうか。

産業や民生の様々な 分野で長く利用されてきた、歴史のある、既に成熟した技術と思われるかもしれません。

でも、科学技術が日々進歩しているように、ヒータにおいてもまだまだ新しいチャレンジを 求められることが沢山あるのです。

私たちはお客様の要望を満足するために(ご期待に応える ために)、既存の技術や製品に執着(固執)しない柔軟な発想で、常に挑戦するヒータメーカで あり続けたいと考えています。

確かな製品を世に送り出す(または実現する)ソフトとハードの融合

お客様の様々な要望に挑戦し、ご満足頂ける製品として世に送り出すには、これまでに培った 知識・経験・技術という、言わばソフトに相当する部分を遺憾なく発揮(駆使)、提案する こと、そして厳しい製品仕様を満足できる製造設備と検査設備(まとめて生産設備)という ハードの融合が不可欠です。

お客様の様々な要望に挑戦し、ご満足頂ける製品として世に送り出すには、これまでに培った 知識・経験・技術という、言わばソフトに相当する部分を遺憾なく発揮(駆使)、提案する こと、そして厳しい製品仕様を満足できる製造設備と検査設備(まとめて生産設備)という ハードの融合が不可欠です。

ヒータ製品


ページトップへ